介護用品

介護を受ける人を考えて、介護用トイレを選びましょう

介護用品の代表的なものとしまして、トイレがあります。

特別な方を除いては、トイレに行かないという人はいないわけなので、トイレの介護用品としましてもいろいろな工夫がされているわけです。

介護用品のトイレの一番の特徴としては、介護を受ける人の立場を十分に考慮しまして、自立支援を目指して作られているところです。

例えば、車椅子に乗っている人のためにアームレストをつけるとか、車椅子から移動しやすくしています。
さらに、トイレに座った時の身体をしっかりと安定できるようにしています。

このような介護用品のトイレというのは、実際に介護を受ける人がトイレを使うことを通して、いろいろな意見を取り入れて出来上がったものであり、現在でも開発されつつあるものです。

介護用品のトイレは、セキスイやパナソニック、TOTOなどが製造しているものがとても多いです。

これらのメーカーでは、介護支援のための講演会や介護をしている人々の意見を聞く会を定期的に設けて、その開発に意見を取り入れています。

介護用品としてのトイレの多くは、今現在の家庭のトイレにアームレストや手すりをつけて使用するとか、ポータブルトイレの周りに、自立のために手すりをつけたりするものとか、便器や蛇口などのトイレ周りのリフォームが多く考えらています。

トイレというのは、介護を必要とする人にとっては、一番厄介なものでもありますので、まず最初に工夫しなければならないものと言えます。

介護支援の状態によっても、必要な介護用トイレといものは変わってくるわけですから、十分に注意を必要とします。

ですから、介護の段階にしたがって、トイレの形も変えていくことが一番理想といえるでしょう。

ポータブルトイレについては、レンタルや貸与の場合、9割が介護保険から費用が支給されるので、ケアマネージャーと相談して、適当だと思うものを使うようにしましょう。

介護をして行く上で、介護を受ける人にとってよりよい状態が維持できる介護用品のトイレを見つけて行く事は大切なことと言えます。

インターネットなどを利用して、介護用品のトイレについての情報をいろいろと収集してみるのも良いでしょう。

冬でも暖房便座でいつも暖か、背もたれのある快適なポータブルトイレです。

暖房便座の採用で、寒い冬も快適!排泄介護用品【ナショナル】ポータブルトイレ<座楽>背もた...

介護用品

介護用品の手すりは、介護充実に必須です

介護をして行く上で必要なものが介護用具ですが、介護用具には多種多様なものがあります。

介護用具として思い浮かぶものには、車椅子、ステッキなどですが、バリアフリーの家で必ず備え付けられているのが手すりです。

様々ある介護用具の中で、トイレ、階段、お風呂において、手すりは必需品といえるでしょう。

介護を受ける人が、出来るかぎり自立して生活できるように生活支援をして行く為に必要なのが、介護用具ですが、中でも手すりは目に見えない形で大変に必要なものとなっています。

例えば、ベッドから降りて車椅子へ移動する為に必要な介護用具は、ベッドの周りに付けた手すりになります。

また、トイレに行って便器を使う場合でも、立った姿から便座に座るまでの動作において必要な介護用具も、やはり手すりとなります。

楽天で介護用具を探すのならリコロshopが、多種多様な介護用具を販売しています。

もし、あなたが介護保険を利用して手すりを貸与してもらおうとした場合には、介護用具の手すりを装着するうえで特別な工事を必要としないものが、その対象となっているので気をつけなければなりません。

介護保険の対象となる介護用具の手すりは、トイレの周りに置いて、足が付いているものや、歩行訓練用に廊下に置くだけの手すりなどとなります。

手すりをレンタルとした場合には、要介護度によっても変わってきますが、最大でレンタル費用の9割が介護保険から支給されるようになっているようです。

すなわち、使用者は一割の負担で介護用品の手すりを利用できるので、非常に助かるかと思います。

バリアフリーの住宅でよく見かけるような、壁や廊下に沿って備え付けられている手すりが必要な場合には、介護保険の住宅改修費を利用することで、介護用具の手すりを設置してもらうことができるようになっています。

このような手すりを備え付ける時の費用は、ケアマネージャーの理由書が必要となりますが、工事にかかった費用の20万円までが介護保険から支給されるようになっています。

注意しなければならないことは、この20万円のうちの9割が介護保険から支給されるもので、1割の2万円は自己負担金だということです。

もちろん、住宅改修を介護保険で利用しようとする場合には、手すりが必要であることを申請し、許可を頂かなければいけません。

介護保険は各市町村別にいろいろなサービスを行なっていますので、地方によっては、住宅改修費の他に、助成金が下りるなど、非常に充実したところもありますので、お住まいの市町村に問い合わせてみると良いと思います。

より良い介護を行なう為には、手すりなどの介護用品を有効に備え付けたりすることが大切です。

介護がより一層充実することを願ってやみません。

介護用品

介護用品通販とカタログ販売は介護の充実につながる

介護用品を楽天で調べてみますと、19,819件もの商品がヒットして、介護ベッドや車椅子などの介護用品を初めとして、多種多様な介護商品が通販で求めることができるようになっています。

介護用品を専門に取り扱っているお店というのは、どこの街にでもあるわけではないので、やはり楽天など通販で求めることが多くなると思います。

介護専門のお店と言うのが少ない以上、介護用品の実物を見て選ぶことは難しいですが、介護用品通販とカタログ販売を利用できれば、介護を受けている人も、家族と一緒に介護用具を選ぶことができ便利ではあります。

介護を受けている人が、介護用具を選べない場合でも、介護用品通販とカタログ販売を利用することで、お店に出向かずに自宅で家族みんなして必要な介護用品を話し合いながら購入できます。

また、どんな介護用品を選んだら良いかについて、介護用品通販とカタログをケアマネージャーに見てもらいながら、意見を伺って決めることもできます。

げんざい、介護用品は楽天を見ましても分かるように、全国でたくさんの種類が販売されていますが、店舗によっては取り扱っていないような介護用品もあります。

思うような介護用品がない場合などは、インターネットで介護用品通販とカタログ販売を申し込むことで、いろんな種類の介護用具を取り寄せることができますから、いろいろと調べてみましょう。

一人でも多くの人が介護の方法について、介護用品通販とカタログ販売を通して、よりよい方法を考え出すことができれば、何よりではないでしょうか。

思うような介護用品が見つかれば、介護用品通販とカタログだけに頼らずに、場合によっては実際に大きさなどを目で確かめることも必要でしょうから、お店に出向くのも良いですね。

より良い介護用具を作っていく為には、少しでも介護を受ける人にとって便利で使いやすく、安全なものを販売者と一緒に考えていくことが大切だと思います。

その為には、介護用品通販とカタログ販売で、実際に介護に携わる多くの人の目に介護用具が触れることが、介護の充実にも繋がるのではないでしょうか。

介護の充実を進める上で、より良い介護用品の開発は必須なものとも言えます。

今後の介護用品の充実に期待したいところです。

楽天で介護用品を扱っているお店
アメニティ
TCマート
介護用品の専門店 ニップク通販
介護用品の藤田商店

介護用品

介護用品のレンタルできる人の対象が広まりました

介護用品レンタルしようとした場合、以前は多少なりとも制限がありましたが、平成19年4月1日より基本的に「介護ベッドや車椅子のレンタルは、要支援・要介護度に関係なく、必要な人には認めざるを得ない」と変更されたので、制限が無くなったと言えます。

介護用品をレンタルしたいと思っている人は介護保険の被保険者ばかりとは言えませんので、この法改正は有意義なものと言えますね。

介護用品というのは、一般的には特殊なものと言わざるえないので、介護用品を購入すると言うのは、かなり高額になると言えます。

そのような費用を考えてみますと、もし、介護を必要とする人が介護用品を利用しなければならない場合には、介護用品のレンタルを利用することで、介護費用の負担が少しでも軽くなると思います。

介護用品レンタルの費用の仕組みに関して見ると、要介護の度数に関係なく、介護用品のレンタル価格の9割が介護保険から支給されるので、利用法による利用者は1割の負担で済むわけです。

ただし、介護保険を利用した場合の介護用品レンタルの仕組みと利用法では、一年間で10万円が限度となるので、注意が必要です。

次年度になりますと、また10万円分が介護保険から支給されることになります。

実際の介護用品レンタルの仕組みと利用方法については、ケアマネージャーが介護用品事業者を提案し、福祉用具貸与の専門相談員が利用者宅を訪れ、応対してくれますので、その指示に従うのが良いですね。

もし、ケアマネージャーに在宅介護支援を申し込んでいない場合でも、福祉用具のレンタル会社からケアマネージャーを紹介してもらうことで申込みができます。

福祉用具レンタル会社で介護用品レンタルの仕組みと利用法を聞き、介護保険の申請をすることもできますので、必要だと感じるようでしたら、積極的に利用してみてください。
ただ、介護用品のすべてが、介護用品レンタルの仕組みと利用法にあてはまるわけではないので、福祉用具レンタル会社にてよく確認してみることは必要です。

介護に必要でなおかつ介護保険が利用できる介護用具を選ぶ為には、介護用品レンタルの仕組みと利用法を確かめておかなくてはなりません。

介護用品と一口に言いましても、様々なものがあります。
介護保険の適用される介護用品ならば、レンタルとして積極的に利用して見ることをお勧めいたします。

介護施設 種類

小規模多機能型居宅介護施設はこれからの介護充実に必要な施設

介護の難しさと言うのは、ただ身の回りの世話をしたり、話し相手になったりするという身近なことから、介護を受ける方の気持ちのことまで考えて、対応しなければならないというところにあるのではないでしょうか。

介護を受ける方の気持ちまでしっかりと考慮した場合、介護施設のあり方についても多種多様にならざるを得ないわけです。

例えば、小規模多機能型居宅介護施設というあまり聞きなれない介護施設は、要介護の高齢者が住み慣れた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけ維持した状態で生活できるように、随時1ヵ所で利用できるようにすると言う複合的な介護施設であります。

「デイサービス」と呼ばれる「通い」が中心となっていますが、「ホームヘルパー」の「訪問」や「ショートステイ」と言われる「短期間の泊まり」のサービスもあり、小規模多機能型居宅介護施設の形式をとっている介護施設は多いです。

この介護施設では、利用者の要介護の状態や、本人、家族の希望に応じて、サービスを選ぶことができるので、非常に利用しやすいと言えます。

24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設として、平成18年4月に介護保険制度が改正された時に創設され、急速に広がっている介護施設です。

主に利用することができるのは認知症を患った高齢者ということになってますが、認知症以外の方でも利用することはできます。

利用者は登録制になっていて、1つの介護施設が引き受けることができる人数は、25名までとなっております。

この少人数制をとっていることで、高齢者と介護スタッフとの間に快い人間関係を築くことができ、行き届いた介護もできるようになっています。

小規模多機能型居宅介護に登録をした場合、他の介護サービスが受けられなくなる、と言うシステムになっています。
なので、今までのケアマネージャーの介護を受けることができなくなるマイナス面もあります。

そういったマイナス面もあり、人生の最晩年に新たな人間関係を築かなければならないなどのストレスや不安などもあることから、登録をためらう高齢者も少なくありません。

これらの理由から利用者が定員に満たない介護施設も多くあります。
また、介護保険から支払われる報酬も個別サービスを行っている介護施設に比べて少ないことから、経営が不調となっている小規模多機能型居宅介護施設もあるようです。

利用者のサイドから見れば、小規模多機能型居宅介護の最大の特色は定額制であります。そして、毎月決まった利用料さえ支払えば、さまざまなサービスを、何度でも自由に受けることができると言う利点もあるので、初めて介護施設を利用してみようと言う方には向いているかも知れません。

いずれにしても、介護施設が地域にしっかりと密着していく為には、まだ時間が掛かると言えるでしょう。
介護の充実は、まだまだこれからと言わざるを得ないのです

介護施設管理士

介護施設における介護施設管理士の責任は重大

介護施設は、通常の会社とは全く違う、いわば病院のような機能を持ち、尚且つ、介護者と正面に向き合いながら介護サービスを行なうところですから、それを管理して維持運営することはとても大変なことです。
社会的な責任がとても重たいと言っても過言ではないです。

その介護施設を管理する管理者のことを介護施設管理士と言いまして、大変に優秀な管理者でもあります。

介護施設管理士は、介護ヘルパーや、ケアマネージャー、看護師等からなる職員や介護スタッフと協力して業務にあたるので、十分な指導力も必要とします。
そして、常に注意が必要な要介護者と、日常の生活を共にしながら、介護施設のサービスを充実させることはもちろんのこと、しっかりとした経営もしていかなければならないのですから、責任は重大です。

介護と言う立場上、金儲け主義に走りすぎることも良くありませんし、慈善事業ばかりでは当然のことながら経営が成り立ちません。
ですから、介護サービスと経営とのバランスに気を配りながら、維持運営をしなければならないので大変に難しいです。

当然のことながら、毎日のように重要な判断や裁断を求められることも大いにあることでしょう。
そのため、介護施設の責任者である施設長は、どうしても専門資格を有する必要があると言えるのです。

すなわち、介護施設管理士とは、介護に関するあらゆる知識をバランス良く習得し、尚且つ臨機応変に応用できなければ、介護施設を維持運営はできないでしょう。

また、介護施設の長という事もありますので、様々な人間が集まる組織を統率し、リーダーシップを発揮できなければなりません。

つまり通常の介護についての知識はもちろんのこと、その知識を現場で対応して使えるだけの柔軟性を有していて、さらには経営の知識も習得する必要があるのですから、簡単な仕事ではないですね。

その様な介護の事情に応える為、医療介護ネットワーク協同組合では、知識と指導力、経営能力のある人材を育成することを目的とした、管理士の認定試験制度をスタートさせたわけなのです。

第一回の認定試験は、2008年(平成20年)6月に東京と大阪の2都市で実施されました。
受験資格は、18歳以上の男女で、受験料は一般6,300円で、組合員ならば5,040円(消費税込み)となっています。
合格者は介護施設管理士として認定され、医療介護ネットワーク協同組合における介護施設管理士の登録料は、15,000円(認定料+3年分の事務経費)であります。

医療介護ネットワーク協同組合では、今後は2大都市ばかりでなく全国的に認定試験の輪を広げていくことを目標としているようです。

介護施設と及び、そのサービスの充実は、今後とも大いに必要となっていくことでしょうから、それらサービスがきちんと維持運営される為にも、介護施設管理士の責任は重大であるといえるでしょう。

介護保険 医療費控除

介護費用は医療費控除の対象です

介護保険医療費控除の対象になりますが、介護施設等を利用した場合などはどうなのでしょうか?
医療費の控除を受けようとした場合、確定申告が必要ですね。
介護費用についても、医療費控除の対象となっていますので、確定申告をすることによって、所得税の軽減を受けることができるようになっているようです。

一般に確定申告と言いますと、毎年2月16日〜3月15日を連想する方がほとんどでしょうが、医療費の確定申告は、必ずしもこの時期でなければいけないということはありません。

医療費控除と言った場合は主に、家庭で支払った医療費が規定の金額(10万円)をオーバした際に、収入に応じて還付があると言うものですが、介護費用として、介護施設などに支払った料金も医療費控除の対象となりますので、確定申告をすることができるのです。

介護施設などに支払った医療費の確定申告については、前述のいわゆる確定申告の期間でなくても、受け付けてくれますので期間が過ぎたからと言って諦める必要はありませんし、期限についても5年なので、2・3年前の分をさかのぼって手続きすることもできます。

介護施設に入所して、医療費の控除が受けられる対象者は要介護認定が1〜5と入所基準と同じなのですが、注意しないといけないのは、介護施設のサービス区分によって、控除可能な対象金額が違って来るという事です。

介護老人保健施設と介護療養型医療施設と呼ばれる介護施設では、指定介護老人福祉施設利用料などで、自己が負担をした医療費が控除対象金額となります。
一方、介護老人福祉施設では同じ対象金額でも介護費・食事費を含みますので、自己負担分の半額が控除対象金額となるのです。

ただし、どちらのケースにおいても申告する際に領収証の添付が必要になります。
なので、介護施設でお金を支払った場合には、どんな場合においても、また、どんなに小額でも領収証をもらうようにして置くことが大切なのです。

また、介護施設だからと言って全てが対象になるわけではなく、介護保険特定施設は医療費控除の対象外の施設であったりします。
その他にも自宅をバリアフリーにする為のリフォーム費用や、在宅で介護をするために電動ベッドや車いすなどを購入した場合にも、医療費控除の対象とならないなど、細かい取り決めがあります。

介護施設の医療費控除に関しては、簡単に判断することは難しいと思われますので、全ての証明書や領収書をしっかりと保管した上で、税理士などに相談されることをお奨めいたします。

介護サービスにおいて負担は1割としていても、意外と介護費用は掛かるものです。
介護費用が医療費控除の対象になるので、しっかりと領収書などを保管しておいて、医療費控除で少しでも家計を助けるようにしましょう。

介護施設 種類

老人介護施設とはどんなところ?

介護施設と言いますと、老人介護施設を思い浮かべる方が多いかと思います。
老人介護施設といわゆる介護施設とは、どのような違いがあるのでしょうか?

老人介護施設についていろいろと調べてみました。

老人介護施設は、名前のとおり、介護が必要だとされる対象が高齢者がほとんどとなりますので、細心の注意が要求される介護施設であります。

老人介護施設では、高齢者のプライドを尊重しながら、生活機能や身体機能の維持と向上を目指しています。
さらに、家族や地域の住民、公的な機関などと連携をとりながら、安全で自立した在宅生活を続けられるように支援していますので、介護の必要とされる老人の方には、利用してみることをオススメします。

老人介護施設に入所できる人の対象の人は、要介護認定が1〜5の方となっています。
また、介護施設に入所しますと、医学的には看護、介護、機能訓練、日常生活などの生活を送る上でのリハビリテーションなどの介助を受けることができますので、非常に安心できるところです。

一般的に、介護施設の利用の方法は、大きく分けて通所リハビリテーションと呼ばれる日帰りの介護サービス、短期入所サービス、さらには介護施設からスタッフが出向いてくれる居宅サービス等があり、ご自分にあったサービスを利用するようにしましょう。

それぞれのサービスについて、簡単に説明いたします。

一番目の通所サービスですが、心身の機能の維持と向上、回復を目標としていて、リハビリや、入浴、食事などのサービスを受けることができるようになっています。

二番目の短期入所の場合では、短期間、介護施設に入所した上で、医学的な看護、介護、機能訓練や日常生活の介護サービスを受けることになっております。

ちなみに、通所と短期入所の条件には大きな違いがあります。
それは、どちらも要介護認定のレベルは同じではありますが、要支援であると認定されている方は、短期入所は可能ですが、通所はできないことになっている点です。

三番目の居宅サービスについてですが、このサービスは要介護度に応じて、1ヶ月の利用回数に制限が設けられている点が、他のサービスとは大きく違うところです。

老人介護施設の利用についても、後期高齢者医療制度の導入により、施設の利用が厳しくなった高齢者も多くなっていますので、問題は山積みされている、と言ってもいいでしょう。

介護に掛かる費用は、普通に考える以上に大変なものであります。
大変だからと言って、後回しに出来るものではありませんので、介護を必要とされる方々が安心して利用できるように取り組んでいかなければならない重要な問題と言えるでしょう。

介護施設 認知症

介護施設の認知症対策の充実が叫ばれている

介護の問題の中でも、とりわけ認知症の問題が大きくクローズアップしてきております。認知症で介護が必要であるにもかかわらず、十分な介護がなされずに、痛ましい事件がおきたりしており、問題の根は深いものがあります。

日本では高齢化が進む中において、介護施設はもちろん、認知症の対策も重要な問題となって来ていて、認知症に対応する介護施設の充実が特に求められております。

厚生労働省の対策の一環として、全国の介護施設のうち150カ所に認知症専門の介護職員の常駐を定めております。

介護施設と認知症専門の医師が連携することで、認知症の介護の充実を図ったものといえます。

非常に困難な問題としまして、現在、介護が必要な状態にある高齢者のうち、2人に1人の割合で、程度の差はあるものの、認知症の傾向が見られると言われていて、対応に苦慮している現実があります。

厚生省としましては、この現状に向き合って、認知症の高齢者を抱える家族をサポートし、より介護の充実を目標としています。

認知症と言ってもその症状はさまざまとあり、軽度の認知症ならば「認知症グループホーム」などの介護施設の増加と相まって、適切な介護や指導、ケアなどの環境の充実により、認知症患者であっても軽度であれば普通の生活を続けることが可能になっております。
しかし介護施設の内容によっては、どうしても介護の質にばらつきが出てしまうことは避けられません。

また、重度の認知症患者へ、どのように対応しいくのか、という問題に苦慮している介護施設が多いのも確かです。

要介護を必要としている状態の高齢者で、日常の生活に支障が出る重度の認知症の人の数は、2015年には25万人をオーバーすると推計されていて、介護施設の充実及び拡充は必須とされています。

にもかかわらず、専門の医師はもちろん、医療機関や介護施設の不足は深刻な問題となっているが実態です。

そこで、これらの問題に対応する為に国の指針としては、専門の知識を持った医療スタッフが常駐する医療機関を認知症疾患医療センターに指定して、患者の受け入れ、専門医師や医療スタッフの育成と共に、基本的な治療方法の普及と充実を図って行くとしております。

この認知症疾患医療センターと介護施設が密接な連携プレーで対応できるように設置されたのが地域包括支援センターなのです。
認知症患者の介護の充実のために活動を続けていて、徐々にその成果も現れつつあります。

介護の中でも認知症の方の介護と言うのは、かなり大変なものがあります。
認知症の程度が軽ければまだ良いのですが、重度となりますと、介護者の負担は相当なものがあり、一刻の猶予もないという状態であると言えます。
一日も早い対応の充実が望まれます。

介護施設 種類

介護施設の費用は様々掛かります

介護の大変な方であるならば、自宅介護が気持ち的にはベストではありますが、介護施設にお世話になることも十分考慮せざるえないことでしょう。
介護施設の設備は、とてもよくなっておりますから、安心して入居することが出来るとは思います。

もちろん、介護施設は言うまでもなく有料の施設なので、無料で入居することはできません。

しかし有料老人ホーム、有料介護施設とされていても、かかる費用は「ピンきり」なのです。
入居の際の一時金が全くかからない格安な介護施設などもあれば、億単位の費用が必要な豪華な介護施設もあり、施設の内容はさまざまあります。

どんな介護施設にお願いするかの基準は、先立つもの、即ち、当面必要な現金をどのくらい用意できるかと言うことになると思います。

さらに、もしも施設に入居した場合、月の生活費や必要となるであろう経費などを計算しておくことが大切です。
たとえば、毎月どのくらいの金額を生活にあてることができるのか、貯金を崩す場合、病気になった時の治療費、葬儀代、趣味やレジャーにかける費用などを差し引いて、いくらぐらいが使えるのかなど、いろいろと熟慮した上で、無理のない生活プランを立てなければなりません。

それでは、一般的な介護施設では、どのような費用が必要とされているのでしょうか?

まず、入居一時金と呼ばれる入居の際に最初に必要な費用です。

ただし、この入居一時金というのは、通常のマンションとは違って終身利用権ではありますが、所有権を有するものではありません。

入居一時金が無料の介護施設から、億の費用が必要な施設までありますが、施設の内容によって様々となります。

次は介護費用が必要ですね。

介護施設によっては入居時に同時に介護費用を支払う所もありますし、介護が必要になってから支払う所もあり、これも様々あります。

続いては管理費です。

この管理費は、施設のサービスや管理の維持の為に毎月支払う費用となります。

この管理費も施設によって金額はまちまちですが、夫婦で入居する場合は、単身の場合と違って、金額が加算されることもあります。

さらに、食事つきの施設の場合であれば、毎月の食費も必要となります。

食費の費用としては、大体3万円〜6万円が相場となっているようです。

また水道光熱費も必要となりますが、この費用は、だいたい5千円〜2万円くらいで、施設によっては管理費に含まれている場合もあるので、介護施設の資料を良く確認してみてください。

電話代や交通費、交際費など趣味に使う費用などの個人的な生活費も、自宅介護とは別途に必要となる場合もあります。

最後に、本人が新たな病気になった場合や、もしもの場合の葬儀代など、臨時の出費も十分に覚悟して準備が必要だと言えます。

これらの費用は、施設に入居して利用している間はずっと支払い続けるものです。
これら費用を総合的に考えてみて、本人の資産や家族の皆の経済的余力から、無理なく支払うことができる施設を探しましょう。

介護施設への入居は、自宅介護と比べますとやはり費用は多く掛かります。
介護施設は自宅介護より、施設内容が充実している分、介護から立ち直りやすい面もあるかと思いますが、その分費用が掛かりますので、十分な考慮も必要になります。

経済的な面を十分に考慮して、適した介護施設を利用するようにしましょう。

<<前の10件  1 2 3 4  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。