介護施設 種類

小規模多機能型居宅介護施設はこれからの介護充実に必要な施設

介護の難しさと言うのは、ただ身の回りの世話をしたり、話し相手になったりするという身近なことから、介護を受ける方の気持ちのことまで考えて、対応しなければならないというところにあるのではないでしょうか。

介護を受ける方の気持ちまでしっかりと考慮した場合、介護施設のあり方についても多種多様にならざるを得ないわけです。

例えば、小規模多機能型居宅介護施設というあまり聞きなれない介護施設は、要介護の高齢者が住み慣れた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけ維持した状態で生活できるように、随時1ヵ所で利用できるようにすると言う複合的な介護施設であります。

「デイサービス」と呼ばれる「通い」が中心となっていますが、「ホームヘルパー」の「訪問」や「ショートステイ」と言われる「短期間の泊まり」のサービスもあり、小規模多機能型居宅介護施設の形式をとっている介護施設は多いです。

この介護施設では、利用者の要介護の状態や、本人、家族の希望に応じて、サービスを選ぶことができるので、非常に利用しやすいと言えます。

24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設として、平成18年4月に介護保険制度が改正された時に創設され、急速に広がっている介護施設です。

主に利用することができるのは認知症を患った高齢者ということになってますが、認知症以外の方でも利用することはできます。

利用者は登録制になっていて、1つの介護施設が引き受けることができる人数は、25名までとなっております。

この少人数制をとっていることで、高齢者と介護スタッフとの間に快い人間関係を築くことができ、行き届いた介護もできるようになっています。

小規模多機能型居宅介護に登録をした場合、他の介護サービスが受けられなくなる、と言うシステムになっています。
なので、今までのケアマネージャーの介護を受けることができなくなるマイナス面もあります。

そういったマイナス面もあり、人生の最晩年に新たな人間関係を築かなければならないなどのストレスや不安などもあることから、登録をためらう高齢者も少なくありません。

これらの理由から利用者が定員に満たない介護施設も多くあります。
また、介護保険から支払われる報酬も個別サービスを行っている介護施設に比べて少ないことから、経営が不調となっている小規模多機能型居宅介護施設もあるようです。

利用者のサイドから見れば、小規模多機能型居宅介護の最大の特色は定額制であります。そして、毎月決まった利用料さえ支払えば、さまざまなサービスを、何度でも自由に受けることができると言う利点もあるので、初めて介護施設を利用してみようと言う方には向いているかも知れません。

いずれにしても、介護施設が地域にしっかりと密着していく為には、まだ時間が掛かると言えるでしょう。
介護の充実は、まだまだこれからと言わざるを得ないのです

介護施設 種類

老人介護施設とはどんなところ?

介護施設と言いますと、老人介護施設を思い浮かべる方が多いかと思います。
老人介護施設といわゆる介護施設とは、どのような違いがあるのでしょうか?

老人介護施設についていろいろと調べてみました。

老人介護施設は、名前のとおり、介護が必要だとされる対象が高齢者がほとんどとなりますので、細心の注意が要求される介護施設であります。

老人介護施設では、高齢者のプライドを尊重しながら、生活機能や身体機能の維持と向上を目指しています。
さらに、家族や地域の住民、公的な機関などと連携をとりながら、安全で自立した在宅生活を続けられるように支援していますので、介護の必要とされる老人の方には、利用してみることをオススメします。

老人介護施設に入所できる人の対象の人は、要介護認定が1〜5の方となっています。
また、介護施設に入所しますと、医学的には看護、介護、機能訓練、日常生活などの生活を送る上でのリハビリテーションなどの介助を受けることができますので、非常に安心できるところです。

一般的に、介護施設の利用の方法は、大きく分けて通所リハビリテーションと呼ばれる日帰りの介護サービス、短期入所サービス、さらには介護施設からスタッフが出向いてくれる居宅サービス等があり、ご自分にあったサービスを利用するようにしましょう。

それぞれのサービスについて、簡単に説明いたします。

一番目の通所サービスですが、心身の機能の維持と向上、回復を目標としていて、リハビリや、入浴、食事などのサービスを受けることができるようになっています。

二番目の短期入所の場合では、短期間、介護施設に入所した上で、医学的な看護、介護、機能訓練や日常生活の介護サービスを受けることになっております。

ちなみに、通所と短期入所の条件には大きな違いがあります。
それは、どちらも要介護認定のレベルは同じではありますが、要支援であると認定されている方は、短期入所は可能ですが、通所はできないことになっている点です。

三番目の居宅サービスについてですが、このサービスは要介護度に応じて、1ヶ月の利用回数に制限が設けられている点が、他のサービスとは大きく違うところです。

老人介護施設の利用についても、後期高齢者医療制度の導入により、施設の利用が厳しくなった高齢者も多くなっていますので、問題は山積みされている、と言ってもいいでしょう。

介護に掛かる費用は、普通に考える以上に大変なものであります。
大変だからと言って、後回しに出来るものではありませんので、介護を必要とされる方々が安心して利用できるように取り組んでいかなければならない重要な問題と言えるでしょう。

介護施設 種類

介護施設の費用は様々掛かります

介護の大変な方であるならば、自宅介護が気持ち的にはベストではありますが、介護施設にお世話になることも十分考慮せざるえないことでしょう。
介護施設の設備は、とてもよくなっておりますから、安心して入居することが出来るとは思います。

もちろん、介護施設は言うまでもなく有料の施設なので、無料で入居することはできません。

しかし有料老人ホーム、有料介護施設とされていても、かかる費用は「ピンきり」なのです。
入居の際の一時金が全くかからない格安な介護施設などもあれば、億単位の費用が必要な豪華な介護施設もあり、施設の内容はさまざまあります。

どんな介護施設にお願いするかの基準は、先立つもの、即ち、当面必要な現金をどのくらい用意できるかと言うことになると思います。

さらに、もしも施設に入居した場合、月の生活費や必要となるであろう経費などを計算しておくことが大切です。
たとえば、毎月どのくらいの金額を生活にあてることができるのか、貯金を崩す場合、病気になった時の治療費、葬儀代、趣味やレジャーにかける費用などを差し引いて、いくらぐらいが使えるのかなど、いろいろと熟慮した上で、無理のない生活プランを立てなければなりません。

それでは、一般的な介護施設では、どのような費用が必要とされているのでしょうか?

まず、入居一時金と呼ばれる入居の際に最初に必要な費用です。

ただし、この入居一時金というのは、通常のマンションとは違って終身利用権ではありますが、所有権を有するものではありません。

入居一時金が無料の介護施設から、億の費用が必要な施設までありますが、施設の内容によって様々となります。

次は介護費用が必要ですね。

介護施設によっては入居時に同時に介護費用を支払う所もありますし、介護が必要になってから支払う所もあり、これも様々あります。

続いては管理費です。

この管理費は、施設のサービスや管理の維持の為に毎月支払う費用となります。

この管理費も施設によって金額はまちまちですが、夫婦で入居する場合は、単身の場合と違って、金額が加算されることもあります。

さらに、食事つきの施設の場合であれば、毎月の食費も必要となります。

食費の費用としては、大体3万円〜6万円が相場となっているようです。

また水道光熱費も必要となりますが、この費用は、だいたい5千円〜2万円くらいで、施設によっては管理費に含まれている場合もあるので、介護施設の資料を良く確認してみてください。

電話代や交通費、交際費など趣味に使う費用などの個人的な生活費も、自宅介護とは別途に必要となる場合もあります。

最後に、本人が新たな病気になった場合や、もしもの場合の葬儀代など、臨時の出費も十分に覚悟して準備が必要だと言えます。

これらの費用は、施設に入居して利用している間はずっと支払い続けるものです。
これら費用を総合的に考えてみて、本人の資産や家族の皆の経済的余力から、無理なく支払うことができる施設を探しましょう。

介護施設への入居は、自宅介護と比べますとやはり費用は多く掛かります。
介護施設は自宅介護より、施設内容が充実している分、介護から立ち直りやすい面もあるかと思いますが、その分費用が掛かりますので、十分な考慮も必要になります。

経済的な面を十分に考慮して、適した介護施設を利用するようにしましょう。

介護施設 種類

介護施設にはどのような種類があるのか?

介護サービスには、自宅で受ける介護と介護施設に入り、介護を受ける2種類の介護がありますね。
ところで、この介護施設というのは、実際どんな感じなのでしょうか?

一般的に、介護施設と言った場合、主に介護老人保健施設を意味しています。
この介護老人保健施設は「ろうけん」などとも言われていて、施設の目的としては、介護を必要とする高齢者が少しでも自立できるように力を貸し、家庭で自分の力で生活していけるように、色々な面から支援する施設のことを言います。

介護施設は老人ホームなどとは違って、誰でも利用できると言うものではありません。

介護保険法において要介護であると認定をした人の中で、更に、入院治療の必用がなく、かつ、比較的病状が安定していて、リハビリテーションを必要とした人が対象となっているのです。

要介護度で言うところの1〜5と判定されている人達が、対象となります。

介護施設の中でも、入所している人の病状で、いくつかの種類に施設が分かれています。

介護老人福祉施設を利用できる方の対象ですが、この施設では、常時要介護にもかかわらず、居宅で介護を受けるのが困難な人が対象となっています。
ただし、この施設にて医療行為を行うことはありません。
次に、介護を必要とされる方の中でも病状が安定していて、特に入院治療は必要ないでない方、毎日のリハビリや、日常生活を送る上で介護が必要な状態の人達が入所できるようになっています。

他には、介護療養型医療施設と言う介護施設があります。

この施設を利用する対象となる方は、長期療養患者ではあるものの、ずっと病状は安定している場合で、例えば、カテーテルや透析など常時医学的な管理が必要であると判断された場合などの方が、入所の対象となります

ただし、療養病床にて介護を必要とする方は除外となりますので、注意してください。

介護施設の利用の仕方の理想としては、高齢者と家族などの在宅ケア支援の拠点となることだとされています。
その目的達成のために、介護施設においては、質の高い介護サービス、介護予防、日常生活を送るためのアドバイスをしてくれる他、利用者の希望や疑問に細かく応えてくれるシステムを介護施設は備えています。

介護施設を利用するに当たっては、施設の利用者、利用者の家族も含めて、健康状態を把握することが大切となっています。

介護施設の利用者が最終目標である家庭復帰ができるように、介護施設では医学的な知識に基づいた看護や介護など、リハビリはもとより、栄養管理、食事から入浴に至る日常生活のサービスを提供してくれるところなので、十分な活用が望まれます。

日常、自宅などでは受けられない介護サービスが、介護施設ではうけられますので、上手な活用をすることで、一日も早い通常の家庭生活に戻れるようにしたいものですね。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。