介護サービス情報公表支援センター

介護サービス情報公表支援センターについて

介護サービスを受けたい人にとって、介護サービスがどのようなものであり、また、制度の内容など気になることが多いと思います。
介護サービス情報公表支援センターは、そう言った介護サービスに関わる情報を公表し、支援していくものです。

介護サービス情報公表支援センターは、「社団法人 シルバーサービス振興会」が運営する組織であります。

この介護サービス情報公表支援センターは、介護保険法改正に伴って2006年4月から施行された「介護サービス情報の公表」制度を、適性かつ円滑な運営に関する支援を目的に設置されたのだそうです。

この介護サービス情報支援センターの業務内容についてですが、次のようになります。

☆調査研究体制の構築:介護サービス情報について、基礎的かつ専門的な調査研究やモデル事業の検証・評価を行い、公表されている情報の分析を行います。

☆全国的かつ広域的な調査結果の均質性の確保:「介護サービス情報の公表」制度では、全国的に調査の均質性が確保されなければなりません。そのため、調査員養成研修に於ける標準テキストの作成、研修指導者の要請などの各都道府県で実施される調査の均質性の確保の支援を行ないます。

☆好評システムの開発と管理:「介護サービス情報公表システム」を開発して、各都道府県に当システムを配賦し、公表された情報を中央で、再度、集積・分析するシステムを開発・管理してます。
それらの情報は、介護サービス情報の更なる改善に活用されています。

☆都道府県との連携協力:介護サービス情報公表制度では、各都道府県・国・支援センターで構成される「介護サービス情報の公表制度推進協議会」が組織化されていまして、介護サービス情報支援センターはこの推進協議会の事務局になっています。

☆上記の活動を行うに当たり、公正かつ中立な運営:第三者の立場からの意見を求め、活かすために、「介護サービス情報公開支援センター運営委員会」を設置しています。

この、介護サービス情報公開支援センターにより、都道府県で実施する公表システムが初めて全国的に統一化されて、より良い介護サービスに活かされるようになっています。

介護サービスは各市町村が主体になっていますが、情報においては全国的規模で対応し、各市町村がより良い介護サービスができるように、改善しているというわけです。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。