介護 保険 制度

介護保険制度の内容を知ることは大切

一般的に、介護を受ける方は、身体が不自由な方だという認識が多いかと思いますが、介護保険制度の内容を良く調べてみると、意外と見落としていることがあります。
年齢的なこともさることながら、介護保険特定疾病などは、ほとんど耳にすることが少ないことでしょうから、良く理解が必要だとも言えますね。

ところで、介護保険制度でのサービスは、65歳からとなっていいることは良くご存知かと思います。

けれども、40歳から64歳までの人が、もしも老化に伴う病気が原因で日常生活に支障をきたし、介護が必要とされる場合には、第2号被保険者となり、介護保険制度のサービスを受けられると言うことを知っている方は少ないです。

この老化に伴う病気というのが、介護保険特定疾病といわれるものです。

介護保険法の総則には、
「要介護状態の原因である身体上または精神上の障害が加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病であって政令で定めるものによって生じたものであるもの」とあり、
特に特定疾病にあたるとしています。

介護保険特定疾病には、16種類の病気があります。

この16種類とは、
 筋萎縮性側索硬化症、
 骨折を伴う骨粗しょう症、
 閉鎖性動脈硬化症、
 脊髄小脳変性症、
 シャイ・ドレーガー症候群、
 糖尿病性神経障害、
 糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症、
 両側の脇関節又は、関節に著しい変形を伴う変形性関節症、
 慢性閉塞性肺疾患、
 初老期における痴呆、
 後縦靭帯骨化症、
 パーキンソン病、
 慢性関節リューマチ、
 早老症、
 脳血管疾患、
 脊柱管狭窄症
が挙げられています。

ただし、医師によっては、病名が違う名前で呼ばれることがあります。
この中で、筋萎縮性側索硬化症は、ALSと呼ばれています。

また、慢性閉塞性肺疾患は、肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、瀰漫性汎細気管支炎などがこれに該当します。

初老期における痴呆においては、アルツハイマー病、ピック病、脳血管性痴呆、クロイツフェルト、ヤコブ病などのことです。

介護が必要であるにも拘らず、第2号被保険者に該当しているかどうかわからない時などは、お医者さんと良く相談し、病名の確認などをしっかりとして、介護保険制度のサービスがしっかりと受けられるようにしましょう。
症状が軽くて介護保険特定疾病に該当しているかどうか分からないと言うこともありますから。
介護保険を有効に利用することは大切なことです。

介護 保険 制度

介護保険制度とは?

テレビ・ニュースにおいて、介護に関わる問題が深刻であることは十分理解できると思いますが、その介護に関わる保険制度に関しては、もう一つ実感が湧かない人が多いのではないでしょうか?
介護保険制度とは、一体どのような保険制度なのか?

介護保険制度は、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区などの自治体が運営主体となっている保険制度なのです。

介護保険は40歳になった時、加入義務があり保険料を納めなければなりません。
会社勤務の方などは、源泉徴収で自動的に保険料を納めていることでしょう。

介護保険によって、サービスが受けられる人は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳から64歳までの第2号被保険者の二通りの被保険者が対象です。

65歳以上の第1号被保険者は、(1)入浴、排せつ、食事等の日常生活動作について介護を必要とする状態(要介護状態)にある、あるいは、(2)虚弱な状態であって要介護状態とならないために適切なサービスを受けることが必要な状態(要介護状態となるおそれのある状態)である場合に、保険給付(サービス)の対象となるようになっています。

40歳から64歳までの第2号被保険者の方については、脳卒中、初老期痴呆など老化に伴って生じた要介護状態に対し保険給付(サービス)を受けることができるようになっています。

第2号被保険者がサービスを受けるには、特定疾患においてのみとなるので確認が必要ですね。

介護保険で言うところの特定疾患
 1.初老期の痴呆
   アルツハイマー病、脳血管性痴呆、クロイツフェルト・ヤコブ病等
 2.脳血管疾患
   脳出血、脳梗塞等
 3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
 4.パーキンソン氏病
 5.脊椎小脳変性症
 6.シャイ・ドーレガー症候群
 7.糖尿病性
   腎症・網膜症・神経障害
 8.閉塞性動脈硬化症
 9.慢性閉塞性肺疾患
   肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎
 10.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
 11.慢性関節リュウマチ
 12.後縦靭帯骨化症
 13.脊柱管狭窄症
 14.骨粗鬆症による骨折
 15.早老症(ウェルナー症候群)

ところで、介護保険の仕組みについては、介護サービスを受ける人が、ケアマネージャーから介護プログラムを立ててもらう事から始まります。

そして、事業所にデイサービスや入浴支援などのサービスを提供してもらいます。
私の住んでいる家の隣の家では、このデイサービスや入浴支援のサービスを受けているようで、介護カーが週1、2度は止まっています。

サービスを受ける人、即ち被保険者の方は、一割負担で事業所に利用料を支払うことで介護のサービスを受けています。

残りの9割の負担は市町村の介護保険から各事業所に支払われることで、介護保険は成り立っています。

第2号被保険者は要介護が認められた時だけ、介護保険証が交付され、第1号被保険者は全員に介護保険証が交付されます。

健康で毎日元気でいらっしゃるお年寄りのかたもいらっしゃれば、毎日のようにデイサービスを受けなければ生活に困難をきたす方など、実際に介護に関わらないと分からないことが多いのも現実ではないでしょうか。
あるデータによれば、生涯を通してみると2人に1人が介護保険の対象になるであろうとも言われているので、介護保険制度についてしっかりと理解しておくことが大切だと思います。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。