介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護用品 > 介護用品の車椅子は、利便性が高められている

介護用品

介護用品の車椅子は、利便性が高められている

介護の充実と共に、介護用品の利便性も重要になってきています。

介護用品の代表的なものの一つとして、車椅子が上げられますが、この車椅子もただ重い軽いと言うばかりでなく、いろんな面で介護を考えて作られています。

介護用品の車椅子には、例えば、トイレット・シャワー用の介護用品の車椅子もあり、車椅子から降りるのに本当に不自由な人にとって、助かる工夫がされています。

トイレット・シャワー用の介護用品車椅子は、車椅子に座って用を足せるように、座るところの座椅子の真ん中が繰りぬかれているのです。

思いつきそうで、なかなか気がつかない点だともいえます。

全体的にしっかりしたつくりとなっていて、動かすのに大変かと言いますとそうではなく、軽量で介護をする側の立場に立った介護用品の車椅子となっているのです。

もちろん、トイレだけでなく、シャワー用にもなり、移動が簡単です。

介護用品の車椅子の良く工夫されているところは、自転車の車輪のような大きな車輪で動かすのではなく、四つの足にキャスターを付けて、取り回しを簡単にして動かすことができるようになっている点です。

水に対する耐久性にも優れています。

やや難点なのは、機能耐久性が優れている分、価格は従来の介護用品車椅子よりもかなり高額になっている点でしょう。

介護用品の車椅子の重要なポイントとしては、軽さと強度ではないかと思います。

そのため、車椅子に乗る人とそれを押す、介護をする人の立場も十分考慮して、作られていなければならないでしょう。

介護用品としての車椅子には、アルミ製のものとスチール製の2種類が大きく分けてあります。

さらに、利便性なども考慮して、背もたれが折れ曲がるものや、固定されているものもあります。

ブレーキにおいても、介護用品車椅子には、車椅子に乗る本人が使うブレーキと、介助用ブレーキが付いているものがあり、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、介護用品車椅子は、要介護度の基準に合わせたつくりをしているものがほとんどなので、介護用品の専門員やケアマネージャーと相談しまして、どのようなタイプの車椅子が良いか決めると良いでしょう。

ケアマネージャーは、介護に関するたくさんのケースにかかわって来られているので、介護を受ける人が使う一番適した介護用品を提案してくれることでしょう。

介護を受ける人、する人の利便性を良く考慮して、介護がこれからもより一層の充実が図られることを期待するものです。

<<介護において、靴は必需品です。 | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護用品の杖は細かな気遣いが必要>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。