介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護用品 > 介護を受ける人を考えて、介護用トイレを選びましょう

介護用品

介護を受ける人を考えて、介護用トイレを選びましょう

介護用品の代表的なものとしまして、トイレがあります。

特別な方を除いては、トイレに行かないという人はいないわけなので、トイレの介護用品としましてもいろいろな工夫がされているわけです。

介護用品のトイレの一番の特徴としては、介護を受ける人の立場を十分に考慮しまして、自立支援を目指して作られているところです。

例えば、車椅子に乗っている人のためにアームレストをつけるとか、車椅子から移動しやすくしています。
さらに、トイレに座った時の身体をしっかりと安定できるようにしています。

このような介護用品のトイレというのは、実際に介護を受ける人がトイレを使うことを通して、いろいろな意見を取り入れて出来上がったものであり、現在でも開発されつつあるものです。

介護用品のトイレは、セキスイやパナソニック、TOTOなどが製造しているものがとても多いです。

これらのメーカーでは、介護支援のための講演会や介護をしている人々の意見を聞く会を定期的に設けて、その開発に意見を取り入れています。

介護用品としてのトイレの多くは、今現在の家庭のトイレにアームレストや手すりをつけて使用するとか、ポータブルトイレの周りに、自立のために手すりをつけたりするものとか、便器や蛇口などのトイレ周りのリフォームが多く考えらています。

トイレというのは、介護を必要とする人にとっては、一番厄介なものでもありますので、まず最初に工夫しなければならないものと言えます。

介護支援の状態によっても、必要な介護用トイレといものは変わってくるわけですから、十分に注意を必要とします。

ですから、介護の段階にしたがって、トイレの形も変えていくことが一番理想といえるでしょう。

ポータブルトイレについては、レンタルや貸与の場合、9割が介護保険から費用が支給されるので、ケアマネージャーと相談して、適当だと思うものを使うようにしましょう。

介護をして行く上で、介護を受ける人にとってよりよい状態が維持できる介護用品のトイレを見つけて行く事は大切なことと言えます。

インターネットなどを利用して、介護用品のトイレについての情報をいろいろと収集してみるのも良いでしょう。

冬でも暖房便座でいつも暖か、背もたれのある快適なポータブルトイレです。

暖房便座の採用で、寒い冬も快適!排泄介護用品【ナショナル】ポータブルトイレ<座楽>背もた...

<<介護用品の手すりは、介護充実に必須です | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護において、靴は必需品です。>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。