介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護用品 > 介護用品の手すりは、介護充実に必須です

介護用品

介護用品の手すりは、介護充実に必須です

介護をして行く上で必要なものが介護用具ですが、介護用具には多種多様なものがあります。

介護用具として思い浮かぶものには、車椅子、ステッキなどですが、バリアフリーの家で必ず備え付けられているのが手すりです。

様々ある介護用具の中で、トイレ、階段、お風呂において、手すりは必需品といえるでしょう。

介護を受ける人が、出来るかぎり自立して生活できるように生活支援をして行く為に必要なのが、介護用具ですが、中でも手すりは目に見えない形で大変に必要なものとなっています。

例えば、ベッドから降りて車椅子へ移動する為に必要な介護用具は、ベッドの周りに付けた手すりになります。

また、トイレに行って便器を使う場合でも、立った姿から便座に座るまでの動作において必要な介護用具も、やはり手すりとなります。

楽天で介護用具を探すのならリコロshopが、多種多様な介護用具を販売しています。

もし、あなたが介護保険を利用して手すりを貸与してもらおうとした場合には、介護用具の手すりを装着するうえで特別な工事を必要としないものが、その対象となっているので気をつけなければなりません。

介護保険の対象となる介護用具の手すりは、トイレの周りに置いて、足が付いているものや、歩行訓練用に廊下に置くだけの手すりなどとなります。

手すりをレンタルとした場合には、要介護度によっても変わってきますが、最大でレンタル費用の9割が介護保険から支給されるようになっているようです。

すなわち、使用者は一割の負担で介護用品の手すりを利用できるので、非常に助かるかと思います。

バリアフリーの住宅でよく見かけるような、壁や廊下に沿って備え付けられている手すりが必要な場合には、介護保険の住宅改修費を利用することで、介護用具の手すりを設置してもらうことができるようになっています。

このような手すりを備え付ける時の費用は、ケアマネージャーの理由書が必要となりますが、工事にかかった費用の20万円までが介護保険から支給されるようになっています。

注意しなければならないことは、この20万円のうちの9割が介護保険から支給されるもので、1割の2万円は自己負担金だということです。

もちろん、住宅改修を介護保険で利用しようとする場合には、手すりが必要であることを申請し、許可を頂かなければいけません。

介護保険は各市町村別にいろいろなサービスを行なっていますので、地方によっては、住宅改修費の他に、助成金が下りるなど、非常に充実したところもありますので、お住まいの市町村に問い合わせてみると良いと思います。

より良い介護を行なう為には、手すりなどの介護用品を有効に備え付けたりすることが大切です。

介護がより一層充実することを願ってやみません。

<<介護用品通販とカタログ販売は介護の充実につながる | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護を受ける人を考えて、介護用トイレを選びましょう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。