介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護用品 > 介護用品のレンタルできる人の対象が広まりました

介護用品

介護用品のレンタルできる人の対象が広まりました

介護用品レンタルしようとした場合、以前は多少なりとも制限がありましたが、平成19年4月1日より基本的に「介護ベッドや車椅子のレンタルは、要支援・要介護度に関係なく、必要な人には認めざるを得ない」と変更されたので、制限が無くなったと言えます。

介護用品をレンタルしたいと思っている人は介護保険の被保険者ばかりとは言えませんので、この法改正は有意義なものと言えますね。

介護用品というのは、一般的には特殊なものと言わざるえないので、介護用品を購入すると言うのは、かなり高額になると言えます。

そのような費用を考えてみますと、もし、介護を必要とする人が介護用品を利用しなければならない場合には、介護用品のレンタルを利用することで、介護費用の負担が少しでも軽くなると思います。

介護用品レンタルの費用の仕組みに関して見ると、要介護の度数に関係なく、介護用品のレンタル価格の9割が介護保険から支給されるので、利用法による利用者は1割の負担で済むわけです。

ただし、介護保険を利用した場合の介護用品レンタルの仕組みと利用法では、一年間で10万円が限度となるので、注意が必要です。

次年度になりますと、また10万円分が介護保険から支給されることになります。

実際の介護用品レンタルの仕組みと利用方法については、ケアマネージャーが介護用品事業者を提案し、福祉用具貸与の専門相談員が利用者宅を訪れ、応対してくれますので、その指示に従うのが良いですね。

もし、ケアマネージャーに在宅介護支援を申し込んでいない場合でも、福祉用具のレンタル会社からケアマネージャーを紹介してもらうことで申込みができます。

福祉用具レンタル会社で介護用品レンタルの仕組みと利用法を聞き、介護保険の申請をすることもできますので、必要だと感じるようでしたら、積極的に利用してみてください。
ただ、介護用品のすべてが、介護用品レンタルの仕組みと利用法にあてはまるわけではないので、福祉用具レンタル会社にてよく確認してみることは必要です。

介護に必要でなおかつ介護保険が利用できる介護用具を選ぶ為には、介護用品レンタルの仕組みと利用法を確かめておかなくてはなりません。

介護用品と一口に言いましても、様々なものがあります。
介護保険の適用される介護用品ならば、レンタルとして積極的に利用して見ることをお勧めいたします。

<<小規模多機能型居宅介護施設はこれからの介護充実に必要な施設 | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護用品通販とカタログ販売は介護の充実につながる>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。