介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護施設 種類 > 小規模多機能型居宅介護施設はこれからの介護充実に必要な施設

介護施設 種類

小規模多機能型居宅介護施設はこれからの介護充実に必要な施設

介護の難しさと言うのは、ただ身の回りの世話をしたり、話し相手になったりするという身近なことから、介護を受ける方の気持ちのことまで考えて、対応しなければならないというところにあるのではないでしょうか。

介護を受ける方の気持ちまでしっかりと考慮した場合、介護施設のあり方についても多種多様にならざるを得ないわけです。

例えば、小規模多機能型居宅介護施設というあまり聞きなれない介護施設は、要介護の高齢者が住み慣れた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけ維持した状態で生活できるように、随時1ヵ所で利用できるようにすると言う複合的な介護施設であります。

「デイサービス」と呼ばれる「通い」が中心となっていますが、「ホームヘルパー」の「訪問」や「ショートステイ」と言われる「短期間の泊まり」のサービスもあり、小規模多機能型居宅介護施設の形式をとっている介護施設は多いです。

この介護施設では、利用者の要介護の状態や、本人、家族の希望に応じて、サービスを選ぶことができるので、非常に利用しやすいと言えます。

24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設として、平成18年4月に介護保険制度が改正された時に創設され、急速に広がっている介護施設です。

主に利用することができるのは認知症を患った高齢者ということになってますが、認知症以外の方でも利用することはできます。

利用者は登録制になっていて、1つの介護施設が引き受けることができる人数は、25名までとなっております。

この少人数制をとっていることで、高齢者と介護スタッフとの間に快い人間関係を築くことができ、行き届いた介護もできるようになっています。

小規模多機能型居宅介護に登録をした場合、他の介護サービスが受けられなくなる、と言うシステムになっています。
なので、今までのケアマネージャーの介護を受けることができなくなるマイナス面もあります。

そういったマイナス面もあり、人生の最晩年に新たな人間関係を築かなければならないなどのストレスや不安などもあることから、登録をためらう高齢者も少なくありません。

これらの理由から利用者が定員に満たない介護施設も多くあります。
また、介護保険から支払われる報酬も個別サービスを行っている介護施設に比べて少ないことから、経営が不調となっている小規模多機能型居宅介護施設もあるようです。

利用者のサイドから見れば、小規模多機能型居宅介護の最大の特色は定額制であります。そして、毎月決まった利用料さえ支払えば、さまざまなサービスを、何度でも自由に受けることができると言う利点もあるので、初めて介護施設を利用してみようと言う方には向いているかも知れません。

いずれにしても、介護施設が地域にしっかりと密着していく為には、まだ時間が掛かると言えるでしょう。
介護の充実は、まだまだこれからと言わざるを得ないのです

<<介護施設における介護施設管理士の責任は重大 | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護用品のレンタルできる人の対象が広まりました>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。