介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護施設 種類 > 老人介護施設とはどんなところ?

介護施設 種類

老人介護施設とはどんなところ?

介護施設と言いますと、老人介護施設を思い浮かべる方が多いかと思います。
老人介護施設といわゆる介護施設とは、どのような違いがあるのでしょうか?

老人介護施設についていろいろと調べてみました。

老人介護施設は、名前のとおり、介護が必要だとされる対象が高齢者がほとんどとなりますので、細心の注意が要求される介護施設であります。

老人介護施設では、高齢者のプライドを尊重しながら、生活機能や身体機能の維持と向上を目指しています。
さらに、家族や地域の住民、公的な機関などと連携をとりながら、安全で自立した在宅生活を続けられるように支援していますので、介護の必要とされる老人の方には、利用してみることをオススメします。

老人介護施設に入所できる人の対象の人は、要介護認定が1〜5の方となっています。
また、介護施設に入所しますと、医学的には看護、介護、機能訓練、日常生活などの生活を送る上でのリハビリテーションなどの介助を受けることができますので、非常に安心できるところです。

一般的に、介護施設の利用の方法は、大きく分けて通所リハビリテーションと呼ばれる日帰りの介護サービス、短期入所サービス、さらには介護施設からスタッフが出向いてくれる居宅サービス等があり、ご自分にあったサービスを利用するようにしましょう。

それぞれのサービスについて、簡単に説明いたします。

一番目の通所サービスですが、心身の機能の維持と向上、回復を目標としていて、リハビリや、入浴、食事などのサービスを受けることができるようになっています。

二番目の短期入所の場合では、短期間、介護施設に入所した上で、医学的な看護、介護、機能訓練や日常生活の介護サービスを受けることになっております。

ちなみに、通所と短期入所の条件には大きな違いがあります。
それは、どちらも要介護認定のレベルは同じではありますが、要支援であると認定されている方は、短期入所は可能ですが、通所はできないことになっている点です。

三番目の居宅サービスについてですが、このサービスは要介護度に応じて、1ヶ月の利用回数に制限が設けられている点が、他のサービスとは大きく違うところです。

老人介護施設の利用についても、後期高齢者医療制度の導入により、施設の利用が厳しくなった高齢者も多くなっていますので、問題は山積みされている、と言ってもいいでしょう。

介護に掛かる費用は、普通に考える以上に大変なものであります。
大変だからと言って、後回しに出来るものではありませんので、介護を必要とされる方々が安心して利用できるように取り組んでいかなければならない重要な問題と言えるでしょう。

<<介護施設の認知症対策の充実が叫ばれている | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護費用は医療費控除の対象です>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。