介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護施設 種類 > 介護施設の費用は様々掛かります

介護施設 種類

介護施設の費用は様々掛かります

介護の大変な方であるならば、自宅介護が気持ち的にはベストではありますが、介護施設にお世話になることも十分考慮せざるえないことでしょう。
介護施設の設備は、とてもよくなっておりますから、安心して入居することが出来るとは思います。

もちろん、介護施設は言うまでもなく有料の施設なので、無料で入居することはできません。

しかし有料老人ホーム、有料介護施設とされていても、かかる費用は「ピンきり」なのです。
入居の際の一時金が全くかからない格安な介護施設などもあれば、億単位の費用が必要な豪華な介護施設もあり、施設の内容はさまざまあります。

どんな介護施設にお願いするかの基準は、先立つもの、即ち、当面必要な現金をどのくらい用意できるかと言うことになると思います。

さらに、もしも施設に入居した場合、月の生活費や必要となるであろう経費などを計算しておくことが大切です。
たとえば、毎月どのくらいの金額を生活にあてることができるのか、貯金を崩す場合、病気になった時の治療費、葬儀代、趣味やレジャーにかける費用などを差し引いて、いくらぐらいが使えるのかなど、いろいろと熟慮した上で、無理のない生活プランを立てなければなりません。

それでは、一般的な介護施設では、どのような費用が必要とされているのでしょうか?

まず、入居一時金と呼ばれる入居の際に最初に必要な費用です。

ただし、この入居一時金というのは、通常のマンションとは違って終身利用権ではありますが、所有権を有するものではありません。

入居一時金が無料の介護施設から、億の費用が必要な施設までありますが、施設の内容によって様々となります。

次は介護費用が必要ですね。

介護施設によっては入居時に同時に介護費用を支払う所もありますし、介護が必要になってから支払う所もあり、これも様々あります。

続いては管理費です。

この管理費は、施設のサービスや管理の維持の為に毎月支払う費用となります。

この管理費も施設によって金額はまちまちですが、夫婦で入居する場合は、単身の場合と違って、金額が加算されることもあります。

さらに、食事つきの施設の場合であれば、毎月の食費も必要となります。

食費の費用としては、大体3万円〜6万円が相場となっているようです。

また水道光熱費も必要となりますが、この費用は、だいたい5千円〜2万円くらいで、施設によっては管理費に含まれている場合もあるので、介護施設の資料を良く確認してみてください。

電話代や交通費、交際費など趣味に使う費用などの個人的な生活費も、自宅介護とは別途に必要となる場合もあります。

最後に、本人が新たな病気になった場合や、もしもの場合の葬儀代など、臨時の出費も十分に覚悟して準備が必要だと言えます。

これらの費用は、施設に入居して利用している間はずっと支払い続けるものです。
これら費用を総合的に考えてみて、本人の資産や家族の皆の経済的余力から、無理なく支払うことができる施設を探しましょう。

介護施設への入居は、自宅介護と比べますとやはり費用は多く掛かります。
介護施設は自宅介護より、施設内容が充実している分、介護から立ち直りやすい面もあるかと思いますが、その分費用が掛かりますので、十分な考慮も必要になります。

経済的な面を十分に考慮して、適した介護施設を利用するようにしましょう。

<<介護施設にはどのような種類があるのか? | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護施設の認知症対策の充実が叫ばれている>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。