介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護施設 種類 > 介護施設にはどのような種類があるのか?

介護施設 種類

介護施設にはどのような種類があるのか?

介護サービスには、自宅で受ける介護と介護施設に入り、介護を受ける2種類の介護がありますね。
ところで、この介護施設というのは、実際どんな感じなのでしょうか?

一般的に、介護施設と言った場合、主に介護老人保健施設を意味しています。
この介護老人保健施設は「ろうけん」などとも言われていて、施設の目的としては、介護を必要とする高齢者が少しでも自立できるように力を貸し、家庭で自分の力で生活していけるように、色々な面から支援する施設のことを言います。

介護施設は老人ホームなどとは違って、誰でも利用できると言うものではありません。

介護保険法において要介護であると認定をした人の中で、更に、入院治療の必用がなく、かつ、比較的病状が安定していて、リハビリテーションを必要とした人が対象となっているのです。

要介護度で言うところの1〜5と判定されている人達が、対象となります。

介護施設の中でも、入所している人の病状で、いくつかの種類に施設が分かれています。

介護老人福祉施設を利用できる方の対象ですが、この施設では、常時要介護にもかかわらず、居宅で介護を受けるのが困難な人が対象となっています。
ただし、この施設にて医療行為を行うことはありません。
次に、介護を必要とされる方の中でも病状が安定していて、特に入院治療は必要ないでない方、毎日のリハビリや、日常生活を送る上で介護が必要な状態の人達が入所できるようになっています。

他には、介護療養型医療施設と言う介護施設があります。

この施設を利用する対象となる方は、長期療養患者ではあるものの、ずっと病状は安定している場合で、例えば、カテーテルや透析など常時医学的な管理が必要であると判断された場合などの方が、入所の対象となります

ただし、療養病床にて介護を必要とする方は除外となりますので、注意してください。

介護施設の利用の仕方の理想としては、高齢者と家族などの在宅ケア支援の拠点となることだとされています。
その目的達成のために、介護施設においては、質の高い介護サービス、介護予防、日常生活を送るためのアドバイスをしてくれる他、利用者の希望や疑問に細かく応えてくれるシステムを介護施設は備えています。

介護施設を利用するに当たっては、施設の利用者、利用者の家族も含めて、健康状態を把握することが大切となっています。

介護施設の利用者が最終目標である家庭復帰ができるように、介護施設では医学的な知識に基づいた看護や介護など、リハビリはもとより、栄養管理、食事から入浴に至る日常生活のサービスを提供してくれるところなので、十分な活用が望まれます。

日常、自宅などでは受けられない介護サービスが、介護施設ではうけられますので、上手な活用をすることで、一日も早い通常の家庭生活に戻れるようにしたいものですね。

<<介護サービス情報公表支援センターについて | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護施設の費用は様々掛かります>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。