介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ > 介護 サービス 料金・費用 > 介護サービスにおける費用について

介護 サービス 料金・費用

介護サービスにおける費用について

介護サービスを受けた時に掛かる費用ってどれくらいなのでしょうか。
人それぞれ、かかる費用って違うでしょうから、一概にどれくらい掛かりますなんて言えないのでしょうが、やはり知りたいものです。

通常は、介護サービスを利用した場合、利用者は掛かった費用の1割を負担することになってますね。
施設などを利用した場合においても、施設利用費の他に食費や日常生活費の負担があり、やはり大変なように感じます。

また、介護サービスでの介護保険利用の要介護状態区分において、それぞれに限度額があるので、チェックが必要です。
注意したいのは、限度額の上限を超えてサービスを利用した場合には、越えた分の全額が利用者の負担になると言うことです。
この介護サービスに於ける介護保険の支給限度額は、次のようになりますから要チェックです。

在宅介護サービス(居宅サービス)の支給限度額は、要支援1が49,700円、要支援2が104,000円、要介護1〜5が165,800〜358,300円となっています。

次の点も要チェックなのですが、通常1割の自己負担なのですが、同じ月に支払った利用者負担の合計額が高額となり、次の上限額を超えた場合は、申請により限度額を超えた分が「高額介護サービス費」として支給されるようになっています。

・第1段階:生活補助受給者、老齢福祉年金の受給者で世帯全員が住民税が非課税の場合:15,000円が上限額

・第2段階:世帯全体が住民税非課税で合計所得金額及び課税年金収入額の合計が800,000円以下の方又は老齢福祉年金受給者:個人での上限額15,000円

・第3段階:世帯全員が住民税非課税で第2段階に該当しない方:24,600円が上限

・第4段階:第1〜3段階以外の場合:37,200円が上限

となっています。

介護サービスでの自己負担費用は、原則として介護保険支給対象以外のサービス又はその支給月額を超えたものとなっています。
ただし、次のものは高額介護サービス費の対象とはならないので注意してください。

福祉用具購入費の1割負担・住宅改修費の1割負担分、施設サービス費などの食事代や日常生活費などの介護保険給付対象外サービス利用者負担・支給限度額を超える利用者負担等が高額介護サービス費の対象とはならないのです。

介護サービスについていろいろと説明してきましたが、実際のところ、何がどう該当するのかはやはり少々分かりにくいかもしれません。
介護サービスがそれだけ細かく分類されていて、利用者側もしっかりと勉強しなければならないと言うことですね。

<<介護サービスの料金・費用はどうなっている | 介護保険、サービス、施設、用品を学ぶトップへ | 介護サービスの申請手続きを理解しておきましょう>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。