厚生年金

厚生年金は配偶者もしっかりと負担している

厚生年金の場合、会社・企業に勤務している本人はもちろんのこと、本人の配偶者も自動加入していることとなります。

夫、もしくは妻が会社・企業に努めていて、自分は家事のみで特にお金を稼いでいるわけではなくとも、夫、もしくは妻が、相手すなわち配偶者の分まで納めているという訳です。

いわゆるサラリーマン家庭の専業主婦(主夫)というのが、それに該当しまして、「第3号被保険者」として年金に加入していることになります。

その為、本人が保険料を納めている自覚がなくても年金を受け取ることができるのです。

では、その第3号被保険者とみなす専業主婦(専業主夫)であることの条件は何でしょうか?

厚生年金・共済組合の加入者、国民年金で言うところの第2号被保険者に扶養されている配偶者であること。

かつ、年収が130万円未満であること。

すなわち、健康保険の被扶養者である。

上記が満たされている方は、20歳から60歳になるまで国民年金の第3号被保険者に該当いたします。

そして、第3号被保険者の国民年金保険料の納付は、厚生年金や共済組合が一括して負担することになっている為、本人は納め無くても良いのです。

以上が、第3号被保険者の年金の支払いの仕組みです。

もしあなたが厚生年金での第3号被保険者に該当し続ける為には、気おつけるべき注意点は以下のことです。

・年収が130万円未満であること(ただし、所得税制上の被扶養者の年収制限は103万円です。)。差がありますので、年収は103万円以下と記憶しておいたほうが良いです。

・結婚等により第3号被保険者になった場合、もしくは離婚などにより該当しなくなった場合、必ず保険者の会社から「国民年金第3号被保険者資格取得・資格喪失等届け」の手続きを社会保険事務所に行うことです。

これらの手続きを怠ると、将来の年金額に不利が生じる可能性があります。

この第3号被保険者の制度では、2007年からスタートした離婚時の年金分割や、2008年度からスタートした3号被保険者期間の年金分割制度により、受け取る年金に差が生まれるようになりました。

それにより熟年離婚が減ってきているのではないかと言われています。

主婦業・主夫業も家庭を支えているのだとしっかりと自覚を持って暮らしていくことが、将来の保険受取額も確かなものとなることでしょう。

厚生年金

厚生年金における住所変更の簡便化

会社に勤めている方の中には、業務命令などで自宅から通うことが出来ない場合、転勤し住所を変更したほうが良い場合があります。

そのような時、一時的であれば良いのですが、長期に渡る場合は、保険に関しての住所変更の手続きが必要です。

厚生年金の場合も同様で、加入している資格者は原則として住所変更の手続きが必要なのです。

しかし、社会保険や厚生年金などの会社を介している場合は、全ての手続きを勤務先の会社側で手続きするようになっています。

配偶者が第3号保険者の場合、2002年4月までは配偶者が住所変更の手続きする必要がありました。

しかし、法改正により年金加入者が勤めている会社側の負担となり、2002年4月以降は加入者側にて手続きをする必要がなくなりました。

ただし、厚生年金を受給している方が住所を変更した場合は住所所轄の社会保険事務所へ住所変更の届出は必要なので注意が必要です。

住所の変更届けは、年金の支払先としている金融機関にも変更の届けを出しておきましょう。

また、年金支払金融機関を変更した場合も同様に、住所所轄の社会保険事務所に変更の手続きをしておく必要があると言えます。

年金受給者の住所変更に関して、主に揃える物は以下となります。

・事務手続き及び申請内容:年金受給者 住所・支払金融機関変更届(はがき)

・手続きに必要な物:印鑑並びに年金証書

・担当の窓口:市民都市民課国民年金係

厚生年金加入者及び受給者の住所変更は、原則、社会保険事務所に届けることになっています。

ただし、加入者が企業・会社に勤務している現役世代については、加入者が手続きを行うのではなく企業・会社が行うことが原則です。

第3号保険者についても同様でして、2002年4月以降は企業が行うことになり、加入者の手続きは不要が原則です。

一方、年金受給者については、Web上から変更手続の用紙をダウンロードして、変更の内容を記入後に用紙を郵送することも可能なので、手続きはより簡単になっています。

住所の変更により、年金受給資格の間違いが起こらないようにきちんと手続きはしておくことをお勧めします。

厚生年金

老後の為に厚生年金の受給額を知る

会社勤めしている方ならば、厚生年金に加入していることであろう。

国民年金への加入は任意と言う面もあるが、厚生年金は強制的といっても過言ではない。

この厚生年金の制度は、会社が年金額に対して3割を負担してくれるものなので、とても良いのだ。

それでは、その厚生年金の仕組などについて見ていくことにしよう。

まず、厚生年金の受給額についてである。

受給額の内訳というのは、「定額部分」と「報酬比例部分」と「加給年金部分」の三構成となっています。

 注意*「加給年金部分」とは、年金に20年以上の加入期間があり、年金支給計算時に「65才未満の配偶者」や「18歳未満の子息」がいる場合に計算されるものです。

「定額部分」と「報酬比例部分」と「加給年金部分」のそれぞれの計算法です。

●「定額部分」=「定額単価」×「加入期間の月数」×「物価スライド率」
・定額単価;1,676円×(生年月日に応じた乗率)
・加入期間の月数;生年月日に応じて420〜480ヵ月
・物価スライド率;物価上昇率に合わせ毎年政府が決定。

●「報酬比例部分」= 総報酬制実施前の期間分 + 総報酬制実施後の期間分
・総報酬制実施前の期間分=平均報酬月額(現役時代の標準報酬月額の平均)×給付乗率(生年月日に応じて0.95〜0.7125%)×加入期間の月数×物価スライド率(平成15年3月まで)
・総報酬制実施後の期間分={平均報酬月額(現役時代)+標準賞与額の月額換算平均}×給付乗率(生年月日に応じて0.7308〜0.5481%)×加入期間の月数×物価スライド率(平成15年4月以降;政府が物価スライド率に応じて決定)
 注意*平成12年に年金制度改正が行われてはいるのですが、年金額が改正前の計算式て計算して額が多い場合は、改正前の計算式で年金額が算出されます。

●「加給年金」:「65歳未満の配偶者:227,900円/年」+(18歳未満の子息;1〜2人目;227,900円/年・人)+(18才未満の子息3人目以降;75,900円/年・人)

厚生年金の受給額について知っておきますと、老後の生活において必要な生活費を考える上で、役に立つのではないでしょうか?

今後の経済動向も気になるところではありますが、定年までしっかりと会社勤めをして、老後の心配がないようにしたいものです。

厚生年金

厚生年金の知識をしっかりと持ちましょう

厚生年金について、社会保険庁の不正をはじめとして、いろいろな形でニュースとなっています。

厚生年金に関して少しでもよく理解することで、将来、年金をもらえる(このことを受給と言います)資格があるのかどうなのかを考えてみたいと思います。

厚生年金が受給される為には、原則として年金への加入期間が25年であること厚生年金法に定められており、これが受給資格ということになります。

年金というのは、国民年金・厚生年金・共済年金の3つの公的年金からなっています。

もしあなたが、会社を辞めて転職するなどして、厚生年金加入者資格が欠落していたとしても、国民年金や共済年金に加入して、年金を納めている期間が、合わせて25年間になれば、厚生年金の受給資格があるということになります。

また、国民年金などでは、収入を考慮しての保険料免除期間もありますが、厚生年金の受給資格の計算では、次の式の加入期間が25年を超えれば厚生年金の受給資格があることになります。

※厚生年金受給資格:25年以上=国民年金加入期間+厚生年金加入期間+共済年金加入期間+保険料免除期間+合算対象期間

この合算対象期間は年金の受給資格期間算定の場合には計算に入れますが、年金額を計算する際には入れない期間になります。

それで、合算対象期間というのは、次の場合を言います。

・1961年4月以降で1985年3月までの被用者年金制度の加入者の配偶者で、任意加入しなかった期間のうち20歳以上60歳未満の期間

・1961年3月以前の被用者年金期間の加入期間のうち、20歳未満60歳以上の期間

・1991年3月以前の20歳以上60歳未満の昼間部の学生であった期間

また、保険料免除期間には経済的理由などで保険料免除を申請し受理された期間となります。

・保険料免除期間については、免除額の種類が全額免除(免除期間の受給金額を3分の1で計算)

・4分の3免除(免除期間の受給金額を2分の1で計算)

・2分の1免除(免除期間の受給金額を3分の2で計算)

・4分の1免除(免除期間の受給金額を6分の5で計算)

年金納付期間に関しては、現在、ねんきん特別便で確認をしていますので、しっかりと内容を確認するようにして、間違いがある時は、しっかりと届け出て訂正するようにしておきましょう。

厚生年金

厚生年金の支給額と受給額について

年金の問題が叫ばれるようになって、しばらくなりますが、年金の問題が解決されているわけではなく、心配な面が多いのも事実ではあります。

年金と一口に言っても、いろいろと種類があるわけですが、中でも会社に勤めている人ならば、大概は厚生年金に加入しているかと思いますので、厚生年金について、少し調べてみました。

厚生年金支給額受給額は、世代別に支給額(支払額)と受給額に差があります。

理由としましては、厚生年金保険料率の変更などがあるためでもあります。

少々分かりにくいのですが、2017年まで、毎年、厚生年金保険料率が0.354%ずつ引き上げられますので、現在の厚生年金法の基準に従った厚生年金の支給額と受給額の見通しを厚生省が2004年に資料を提出しています。

2017年9月以降、厚生年金保険料率は、18.300%(本人は9.15%)に落ち着く予定になっています。

この厚生年金の支給額と受給額の見積もりなのですが、次のような基準で算定されています。

★保険料支払額は、保険料支払額に65歳までの金利を付けて計算したものを「保険料」とし、平均寿命まで生きたと仮定した場合の年金受給額を、金利で割り戻したものを「受給額」としています。

★年金の財政見通しは運用利回りで3.2%としています。
ちなみに、厚生省2004年度の推計では賃金上昇率の2.1%を使っています。
従いまして、保険料負担と年金給付額の倍率計算で倍率が高くなる結果となっているのです。

★会社負担の保険料は除いて計算されています。
それゆえ、保険料負担と年金給付額の倍率が高くなる計算になっています。

★厚生年金給付には国庫負担での補助がなされます。
これは租税に由来しています。

この厚生省の推計では、2005年度生まれの人では4,100万円の保険料支払で9,500万円の受給が得られるようです。

支払額を受給額で割った倍率は、2.3倍となるようです。

実際の企業が支払う分までを含めると、倍率が1を割り込む結果になるようです。

ちなみに、全体としてもこの倍率は1を大きく割り込んでいるようです。

年金基礎部分に関していいますと、2008年で国庫負担が3分の1となっていますが、2分の1になるようです。

厚生年金

厚生年金保険料の内容とはどんなもの

会社に勤めている人でしたら、厚生年金保険に加入していることでしょう。

この厚生年金保険は、今すぐ役に立つと言うものではなく、将来、定年退職してからが役に立ちます。

厚生年金保険は、企業や個人事業主において、常時雇用される従業員が5人以上の場合、強制的に加入しなければならない公的年金保険なのです。

もしあなたが事業を始めていて、この条件に該当し、まだ加入していないのなら、すぐにでも加入するように手続きを取りましょう。

それで、厚生年金保険の保険料はどうかと言いますと、厚生年金保険法が2004年2月に改正され、保険料が決まっています。

厚生年金保険料に関する内容は、次のようになっています。

・厚生年金保険料の支払い義務は、厚生年金の被保険者となった場合です。

・厚生年金保険料は、労働者の総収入に厚生年金保険料率を掛けた額になります。
ただし、厚生年金保険料の支払いは、労使折半となっていますので企業が50%・個人が50%を負担するようになっています。

・厚生年金保険料率について、2007年9月〜2008年8月の期間は総収入の14.996%と決められています。その後、毎年9月に料率が0.354%引き上げられ続けて、2017年9月の18.30%が最終の料率となるようにしています。

年金保険体系というのは、現在、厚生年金保険料・国民年金・共済年金の3つからなっています。

しかし、2017年には国民年金と厚生年金の2本立てとなるように決められています。

年金については、今まで積み立てられた保険料を運用していて運用利益での支払と考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところは、現時点での労働者が支払っている厚生年金保険料などを年金の支給に当てているのが現実なのです。

厚生労働省が出している資料では、支払った厚生年金保険料と受給できる年金額の想定は、実際のところ保険料は過小評価し、受給額は過大評価に見積もられているようです。

いずれにしても、きちんとした受給がされるようにしていただきたいものです。

国民年金も含めてですが、高齢化が更に進んでいくのであれば、年金会計の運営は困難になることは間違いないようです。

厚生年金

厚生年金について理解しましょう

年金に関わる問題は、いろいろな形で議論もされてきていますが、年金がどのようなもなのかはなかなか理解されないところがあります。

厚生年金に関して、なかなか分かりにくいところがありますので、いろいろと調べてみました。

厚生年金の正式名称は、「厚生年金保険」と言います。

厚生年金保険と言うのは年金保険の一つですが、年金保険には、この他に「国民年金保険」があります。

厚生年金保険というのは、「主として日本の民間企業の労働者が加入する公的年金制度」であります。

厚生年金保険の内容は、厚生年金加入者やその遺族の方々のために、「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」と言う形で、社会保険庁が基本となって支払われることになっています。

厚生年金保険の厚生年金保険料の徴収や厚生年金の支払いについては、厚生年金保険法と言う法律で定められています。

厚生年金保険は、戦前の1942年に施行された「労働者年金保険法」が起源となっています。

この法律の目的は、戦時下の労働力の増強確保、並びに強制貯蓄的機能を期待されたと言われていますが、要は戦費調達手段でると言う見方もあります。

現在、厚生年金保険法においては、一般の厚生年金被保険者(加入者)は、厚生年金保険料として収入の一定割合を徴収されることと定め、その保険料の半分を企業(雇用主)が支払うことになっています。

保険料の半分を雇用主が負担していますので、加入者の労働者の負担金額は、比較的軽くなるようにできています。

厚生年金の内訳としては、固定部分(国民年金分に相当)と報酬比例部分に分けられています。

ただし、保険料がどのような割合で振り分けられているのかは、明確にはされておりません。

厚生年金保険は、法人事業所において、常時雇用する従業員の人数に拘わらず、必ず加入することが義務づけられています。

また、個人事業であったとしても、常時雇用する労働者が5人以上になる場合には、強制加入が義務づけられています。

厚生年金にお世話になっている人であるならば、厚生年金保険の重要性は十分にわかることかと思います。

個人事業主の場合で注意しないといけないことは、個人事業主本人は厚生年金保険には加入できないという事です。

基本的には、厚生年金は労働者が対象だということです。

介護用品

介護用品の杖は細かな気遣いが必要

介護に携わる人たち、介護を受ける人たち共に、毎日ご苦労様です。

介護の難しさは、それに携わったことの無い人には、どれほど大変であるかが分かりにくいところでもあります。

介護用品一つをとっても、その種類は山ほどあり、一つ一つに気遣いがされていて、介護しやすいように工夫がされています。

例えば、介護用品の杖を挙げて見ても、いろいろなタイプがあります。

まず、一般的な(ステッキ)は、折りたたみ式のものや何段階かに伸縮するもの、折りたたんだりしないまっすぐなものがあります。

介護用品の杖(ステッキ)は、ほとんどが頑丈で軽いアルミ製のものとなっています。

杖を使う人に負担が掛からないようにするため、軽くて丈夫に作られているのです。

価格を見てみますと、2000円程度の手軽なものから一万円を超える高価なものまでいろいろとあります。

介護用品の杖を初めとして、一般的に柄の部分はアルマイト塗装がなされていて、傷が付きにくくなっています。

介護用品の杖の種類には、クラッチといって、脇で支える部分と手で握る部分のハンドグリップで2箇所で支えるようにしたタイプがあります。

また、脇でなく腕で支えるようにしたアームカフがついているタイプもあります。

アームカフは、リング状になっていて、腕で支えられるようにしています。

介護用品のステッキとクラッチは両方とも杖の種類ですが、クラッチの方が複雑なつくりである関係上、ステッキよりも価格が高くなっているのです。

また、介護用品の杖を選ぶ際の一番大切なポイントは、杖の先についているゴムがどうであるかに注意することです。

杖先のゴムは簡単に付けることができ、最も消耗が激しい箇所でもありますので、定期的に付け替える必要があります。

ゴムのグリップ力が低下しますと、介護用品の杖としての役目を果たさなくなってしまいますので、気をつけてみてやる必要があります。

杖の先のゴムにはいくつか種類があり、ステッキ用、ハンドグリップ用、クラッチ用で分かれています。

杖の中には、地面に付く部分が4本足や5本足のものもあり、使用目的に合わせてしっかりと選ぶようにしましょう。

当然のことながら、これらの先のゴムも常に点検しておきたいものです。

杖は使う人によって、最適な杖がありますから、どのような杖が介護を受ける人に適しているか、ケアマネージャーに相談すると良いアドバイスをいただけると思います。

介護の充実は、細かな気遣いから始めることが大切だと思います。

より良い介護がなされますように、、、

介護用品

介護用品の車椅子は、利便性が高められている

介護の充実と共に、介護用品の利便性も重要になってきています。

介護用品の代表的なものの一つとして、車椅子が上げられますが、この車椅子もただ重い軽いと言うばかりでなく、いろんな面で介護を考えて作られています。

介護用品の車椅子には、例えば、トイレット・シャワー用の介護用品の車椅子もあり、車椅子から降りるのに本当に不自由な人にとって、助かる工夫がされています。

トイレット・シャワー用の介護用品車椅子は、車椅子に座って用を足せるように、座るところの座椅子の真ん中が繰りぬかれているのです。

思いつきそうで、なかなか気がつかない点だともいえます。

全体的にしっかりしたつくりとなっていて、動かすのに大変かと言いますとそうではなく、軽量で介護をする側の立場に立った介護用品の車椅子となっているのです。

もちろん、トイレだけでなく、シャワー用にもなり、移動が簡単です。

介護用品の車椅子の良く工夫されているところは、自転車の車輪のような大きな車輪で動かすのではなく、四つの足にキャスターを付けて、取り回しを簡単にして動かすことができるようになっている点です。

水に対する耐久性にも優れています。

やや難点なのは、機能耐久性が優れている分、価格は従来の介護用品車椅子よりもかなり高額になっている点でしょう。

介護用品の車椅子の重要なポイントとしては、軽さと強度ではないかと思います。

そのため、車椅子に乗る人とそれを押す、介護をする人の立場も十分考慮して、作られていなければならないでしょう。

介護用品としての車椅子には、アルミ製のものとスチール製の2種類が大きく分けてあります。

さらに、利便性なども考慮して、背もたれが折れ曲がるものや、固定されているものもあります。

ブレーキにおいても、介護用品車椅子には、車椅子に乗る本人が使うブレーキと、介助用ブレーキが付いているものがあり、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、介護用品車椅子は、要介護度の基準に合わせたつくりをしているものがほとんどなので、介護用品の専門員やケアマネージャーと相談しまして、どのようなタイプの車椅子が良いか決めると良いでしょう。

ケアマネージャーは、介護に関するたくさんのケースにかかわって来られているので、介護を受ける人が使う一番適した介護用品を提案してくれることでしょう。

介護を受ける人、する人の利便性を良く考慮して、介護がこれからもより一層の充実が図られることを期待するものです。

介護用品

介護において、靴は必需品です。

介護用品の中で、に関していろいろと調べてみました。

介護用品の靴は、当然のことながら軽量で履きやすいことが条件となります。

介護を要する人は、身体のバランスが取りにくいため、足に思うように力が入らないと言う人が多いので、無理なく軽量で履きやすいということは必須なことになります。

もちろん、屋内用と屋外用が用意されていて、それぞれ介護を受ける人の動きが考慮されています。

屋内用は、フローリングなどを考慮していて、接地面の摩擦を大きくして、滑り止めが工夫されています。

様々な会社から、介護用品の靴が販売されているので、多少なりとも迷うところがありますが、ふだんの生活状況を考慮して、用途に合わせて選ぶ必要があります。

靴を選ぶ際に大切になることは、介護を受ける人が足に疾患がある人なのかどうか点です。

もし足に疾患があるようであれば、介護用品の靴としては患部を圧迫しないように作られたものを選ばなければなりません。

先の開いたものですとか、足をすべて包み込むものなど、多種多様に考えられて作られています。

季節を考慮して、保温性などの面からも介護用品靴を選ぶ必要があるでしょう。

現在、介護用品靴は、介護用品専門の会社である暮らし生き活き社や、靴専門のメーカーであるアサヒコーポレーションやパンジー社などが、介護に関してよく考慮しながら作っています。

介護用品靴は様々な面で考慮がされていて、滑り止め機能が重視されるものですとか、クッション性に富んでいるもの、腫れや浮腫みの人に対応した靴の形を重視したものなど、実に良く介護を受ける人のことを考えています。

介護用品靴の気になる価格については、だいたい安いものでは4千円程度から高いもので7千円程度となっているようなので、目を見張るほどではないでしょう。

実際に介護を受ける人と、百貨店や介護専門の販売店に出向いて購入するのが、間違いがなく適切なものを購入できるでしょうが、そうは言っても介護を受ける人と一緒に出かけるのはなかなか大変なものです。

そこで、介護用品を専門としたネット販売をしている販売店などで靴を購入するのがお勧めだと言えます。

ネット販売の場合ですと、会員になるとメールマガジンなども配信され、介護用品の新しい情報も入手できるので、介護を受ける人にあった介護用品を購入しやすくなります。

介護用品専門のネット販売で靴を購入する場合で気になることは、サイズが合わない場合にどうしたらよいのかと言うことですが、大概がすぐに交換してもらえますので、心配は要らないでしょう。

楽天で介護用品の靴を検索してみますと、たくさん検索されます。
商品をクリックしてみますと、非常に良く介護について考慮していることが伺える内容のものが多いです。
参考にこちらの靴はどうでしょうか?

【送料無料】快歩主義(L011)高齢者用靴・ケアシューズ(介護室外用)女性用 dw192812
少々お値段は行きますが、歩く際の快適性を良く追求していると思います。

  1 2 3 4  次の10件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。